風船での有人宇宙旅行を目指す岩谷技研(北海道、岩谷圭介代表)が、宮古島市で打ち上げ実験に取り組んでいる。宮古島はジェット気流や海流が穏やかな時期が多く、風船を飛ばす条件がそろっているという。20日には熱帯魚のベタを乗せた生物実験を実施する計画で、2022年までの有人旅行技術の確立を目標に掲げている。