寒波や日照不足などの影響で、2018年県産マンゴーの生産量が昨年より3割ほど減るとみられている。県農林水産部は17年産マンゴーの最生産量を過去最高の2055トンと推計しており、単純計算で今年は1438トンとなる。農家は収入減に不安を抱える。