[我が社のフィロソフィー]豊かな食生活のお手伝い 「街の小さな肉屋がここまでの規模になるとは、想像もしていなかった」 1953年に両親が那覇市の牧志公設市場に開いた精肉店が始まり。80年ごろから飲食店などへの卸売りにも参入し、83年には自社工場での食品製造に業容を拡大。