宮古島市を代表する音楽イベントの一つ、「宮古島ミュージックコンベンション2016」が5月27日から3日間、野外のトゥリバー特設会場や市内各ライブハウスなどで開かれる。3月25日、実行委員会が記者会見し多くの来場を呼び掛けた。

宮古島で開催された音楽イベントの取りを務めた山崎まさよしさん=2014年6月1日、宮古島市・トゥリバー海浜公園

コンベンションの開催を報告する実行委員長の江川ゲンタさん(中央)=宮古島市役所

宮古島で開催された音楽イベントの取りを務めた山崎まさよしさん=2014年6月1日、宮古島市・トゥリバー海浜公園 コンベンションの開催を報告する実行委員長の江川ゲンタさん(中央)=宮古島市役所

 出演は山崎まさよし、うないぐみ、サキシマミーティング、HOME GROWNなど約50組。野外で宮古島の自然と音楽を満喫する「昼の部」(5月28、29日午後1時から)と市内ライブハウスを巡る「夜の部」(同27、28日午後9時から)のほか、周辺ビーチなどのクリーンアップなども企画されている。

 会見では同イベントの実行委員長でドラマー、パーカッショニストの江川ゲンタさんらが報告。江川さんは「音楽を聞きながら宮古島をのんびり楽しんでほしい」と述べた。

 入場料は昼の部の一日券6千円。前売りの二日通し券は9千円。夜の部は2千円で6カ所のライブハウスを巡ることができる。詳細はhttp://www.mmc.okinawa