「来ないと選挙の応援してもらえないかなと思いまして」。7日、都内のホテルで開かれた下地幹郎衆院議員(維新)の会合で、菅義偉官房長官が開口一番こう笑わせた。2人は1996年に初当選した同期で「しもちゃん」「すがちゃん」と呼び合う仲。

(左)菅義偉官房長官(右)下地幹郎衆院議員

 下地氏が2005年に自民党を離党してからも交流は続く。蜜月ぶりが示すように、名護市長選など県内の首長選挙では、自公維の枠組みが必勝パターン。今秋の知事選に向けても3党で共闘する。

 好調な観光など安倍政権の振興をアピールするも「沖縄は選挙イヤー。連携しながら沖縄の発展に頑張りたい」。多忙な菅氏が他党の議員の会合に足を運ぶのは珍しいが、これも県政奪還のためか。