台風5号は、8日正午現在、フィリピンの東を時速15キロで北西へ進んでいる。今後沖縄の南海上に達し、10日には大東島地方に接近する見込み。沖縄本島地方と大東島地方では、9日はうねりを伴いしける見込みで、沖縄気象台は海上や海岸付近での高波に十分注意するよう呼び掛けている。

台風5号(8日12時、気象庁HPから)

 中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風の中心は、12時間後の9日0時には沖縄の南の北緯20度00分、東経127度00分を中心とする半径60キロの円内に達する見込み。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルが予想される。