沖縄防衛局は6日、名護市辺野古の新基地建設に関する希少な「オキナワハマサンゴ」の移植に向けた特別採捕申請を巡り、県からの移植後の食害対策が合理性に欠けるとして再考を求められたことを受け、移植後にサンゴをステンレスの籠で囲む考えを県に文書で説明した。