名護市辺野古の新基地建設で、政府が8月にも土砂を投入し、埋め立てに着手する調整に入ったことを受け、県は7日、埋め立て承認撤回のタイミングを探りながら、撤回に備える姿勢を示した。