名護市辺野古の新基地建設に反対する「辺野古基金」は7日、第5回評議員会を那覇市の八汐荘で開いた。参加者らは、政府が8月にも埋め立て土砂の投入を始めるとの報道に懸念を示し、「重大局面を迎えている今、辺野古基金の役割は一層重要になっている」とアピール文を採択した。