【八重山】JALグループ主催の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」世界自然遺産登録応援シンポジウムが2日、石垣市内のホテルであった。鹿児島県屋久島町の荒木耕治町長が講演し、観光客や移住者の増加、自然・生活環境の変化など世界遺産登録後の島について紹介。「世界自然遺産イコール観光ではない。