8日未明、フィリピンの東で台風5号 (マリクシ)が発生した。9日午前3時現在、大型の台風5号は沖縄の南の海上を時速15キロで北に進んでいる。今後発達しながら大東島地方の南海上を北東に進むとみられ、9日昼前から沖縄本島地方が、同昼すぎから大東島地方が風速15メートル以上の強風となる見込み。10日昼すぎから夕方に大東島地方へ最接近する見通しで、進路次第では大東島地方が風速25メートル以上の暴風となる恐れがある。

台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心から南東側750キロと北西側440キロでは、風速15メートルの強い風が吹いている。

 沖縄地方の沿岸海域はうねりを伴い、大東島地方と沖縄本島地方は9日からしける。大東島地方は10日には大しけとなる見込み。波の高さは大東島地方で5~7メートル、沖縄本島地方で4メートル。沖縄気象台は大東島地方に、高波に警戒するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、大東島地方の9日正午から10日正午までの24時間雨量は50ミリ程度と予想。ただ、「少雨状況が解消するまでには至らない」とみている。また風が強く、降水量が少ないと塩害が起きる可能性があるとして、大東島地方と沖縄本島地方に塩害の注意を呼び掛けた。

 台風の影響で、9日に予定していた「第25回金武漁協ハーリー大会」が延期となった。