沖縄を客観的に見る視点は必要だ。本書の論者はそれを可能にするだけでなく、その共感を超えた沖縄への思いや共闘は私たちの進むべき道をも示す。読者は政治的、軍事戦略的枠組みから客観的に沖縄を捉えつつ、沖縄の心や苦悩を個のものとして内在化する。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。