大型の台風5号は10日午前0時現在、南大東島の南西約400キロにあり、時速15キロで北東に進んでいる。台風は10日昼ごろ、暴風域を伴って大東島地方に最接近する見込み。沖縄気象台は、強風やうねりを伴った高波に注意を呼び掛けている。

台風5号の予想接近時間

台風5号(10日0時、気象庁HPから)

台風5号の予想接近時間 台風5号(10日0時、気象庁HPから)

 中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心から南東750キロメートルと北西330キロメートルは、風速15メートル以上の強風域となっている。

 10日の沖縄本島地方は、東の風が強く、荒れた天気になる見込み。大東島地方は、未明から大しけ、昼前から暴風となる。昼すぎまで雷を伴い、激しい雨が降る恐れがある。11日午前0時までの24時間雨量は、80ミリと予想されている。

 空と船の便では、欠航が相次いだ。沖縄旅客船協会によると船の便は9日、沖縄本島と離島を結ぶ便など、合計24便が欠航。10日の運航は、同日午前7時ごろに決定する見込み。

 空の便は、琉球エアコミューター(RAC)が10日の那覇発着、南北大東行き計5便を欠航することを決めた。123人に影響が出るという。