沖縄気象台は10日午前5時10分、大東島地方に暴風警報を発表した。大東島地方では、10日昼前から暴風となり、昼過ぎに最接近する見込みで、厳重な警戒を呼び掛けている。沿岸の海域は大しけとなっており、うねりを伴った高波に警戒が必要。

台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

 大型の台風5号は10日午前3時現在、南大東島の南西の海上にあって、発達しながら時速約25キロで東北東に進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の南東側750キロ以内と北西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。