沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリが墜落したら・・・嘉手納中459人が避難訓練 ヘリの飛ぶ下で

2018年6月11日 06:00

 米軍ヘリが比謝川方面に墜落した事態を想定し、米軍嘉手納基地近くの嘉手納中学校(沖縄県嘉手納町)は6日、全校生徒459人の避難訓練をした。小雨の降る中、4分半~10分ほどかけて学校から約350メートル離れたロータリー広場まで移動。訓練中も同基地所属のHH60救難ヘリが上空を通過した。

小雨の中、避難訓練をする生徒=6日、嘉手納中学校

 同校では沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した2004年から3年に1度、米軍機事故を想定した避難訓練を実施。04年当時、教頭で嘉手納中に赴任していた斉藤美喜夫校長は「沖国大の事故で、いつ墜落が起きてもおかしくないと思った。爆風で外に出られないなど、さまざまな事態を想定し、今後も安全面に対しできることは全てやる」と述べた。

 移動中におしゃべりをしてしまったという同中3年の女生徒は「もし事故が起きたら(おしゃべりをしないなどの防災標語)『おかしもち』を全て守れるようにしたい」と語った。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム