気象庁によると、大型で強い台風5号は10日午前11時現在、南大東島の南約30キロにあって、時速約30キロで北東に進んでいる。大東島地方は暴風域に入り、大荒れとなっており、夜遅くにかけて暴風や高波に厳重な警戒が必要。北大東島では同日午前9時8分、瞬間最大風速28.3メートルを観測した。台風は11日にかけて伊豆諸島や小笠原諸島に接近、関東甲信地方や東海地方は梅雨前線の影響で大雨となる見込み。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風5号

台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風5号 台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は今後勢力をやや弱めながら日本の南を北東に進み、11日には伊豆諸島や小笠原諸島に接近する見込み。台風の北上に伴い、東日本の太平洋側では11日にかけて梅雨前線の活動が活発となる見込み。

 大東島地方では10日昼過ぎにかけて猛烈な風となり、夜遅くにかけてうねりを伴い大しけが続く見込み。東日本の太平洋側から南西諸島にかけても、11日にかけてうねりを伴い波が高くなり、しける所がある。11日は伊豆諸島や小笠原諸島で大しけとなる見込み。

 11日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方が35メートル(50メートル)。予想される波の高さは、大東島地方8メートル、小笠原諸島7メートル伊豆諸島6メートル。

 関東甲信地方や東海地方では、梅雨前線の影響で10日昼過ぎから11日にかけて激しい雨が降り、伊豆諸島では11日は1時間50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があり、大雨となりそう。

 11日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で、伊豆諸島300ミリ、関東地方・東海地方200ミリで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。