沖縄タイムス+プラス ニュース

「子や孫の将来に責任を持てない」 翁長知事、やまぬ事故に不快感

2018年6月11日 10:20

 沖縄県の翁長雄志知事は11日午前、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が同日早朝に那覇近海で墜落したことを受け、「昨年1年間で(米軍の)緊急着陸などが連続し、解決しない中でF15が落ちた。このような状況では将来の子や孫に責任を持てない。先進国でこういう国はないのではないか」と述べ、日米に抗議する考えを示した。県庁への登庁時に報道陣の質問に答えた。

米軍F15墜落事故を受けて、コメントを述べる翁長雄志知事=11日午前、県庁

 富川盛武副知事も「米軍には当然抗議をする。憤りしか感じない」と述べた。

 県基地対策課には11日午前7時ごろ、沖縄防衛局から「那覇南方50マイル付近で嘉手納基地所属のF15から操縦士が緊急脱出した」とのメールがあり、その後も情報収集に追われている。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム