【沖縄】第33回中部広域グリーンフェスタ大植木市(主催・中部広域グリーンフェスタ推進協議会、沖縄タイムス社)が1日、沖縄市登川の市農民研修センターで始まった。午前9時~午後6時。10日まで。植木市には、沖縄市を中心に約30業者が出店。熱帯果樹や造園木、盆栽など多彩な植木が市価よりも手ごろな価格で販売される。ガーデニングや接ぎ木などをテーマにした園芸教室もある。

色とりどりに咲いた花が多く並ぶ大植木市=1日、沖縄市登川

 初日の1日は暖かな春の陽気に恵まれ、訪れた人たちはビオラやカリブラコアなど色鮮やかな花々を楽しんだ。

 南風原町の座間味悦子さん(66)は、友人と訪れ、庭に植えるための花を熱心に吟味。「ピンクの花が好き。今日は天気がいいから花もよりきれいに見える。心がウキウキしてくるわ」と、声を弾ませた。