豊見城が美来工科に2-1で競り勝ち、9年ぶりの決勝に駒を進めた。昨春大会は準決勝で、秋は1回戦でいずれも1点差で負けた。1点差を制し、金城聡監督は「1点を取る意識が強くなった」と成長をたたえた。 三回裏に3番宮海翔の左前適時打で1点を先制したが、四回表に追いつかれた。