アウシュヴィッツ強制収容所に送られた無数の子どものうち、生還できたのは、ほんの一握りに過ぎない。その一人が、主人公マイケルだ。彼が助かった驚きの理由も含めて、彼と彼の家族を見舞った悲劇を描き出す。