2018年(平成30年) 6月25日

沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:ゲート前で市民ら機動隊に抗議 「尊厳持って向き合え」

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では11日、午前9時と正午に工事車両の搬入があった。新基地建設に反対する市民らは最大50人が座り込んで、「違法工事はやめろ」「子どもの未来を守ろう」と抗議の声を上げたが、機動隊に強制排除された。2回でトラックやミキサー車など延べ200台以上がゲート内に入った。

資材搬入で長い行列ができた=11日、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 読谷村から参加した彫刻家の金城実さんは「機動隊も警備会社も仕事なのは理解できる。しかし、尊厳を持って私たちと向き合い、仕事をするべきだ」と声を荒らげて強制排除を非難した。

 海上では「K4」護岸の砕石の投下が進んだ。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間