「あなたは女心が分かっていないみたいですね」。若手女性舞踊家から厳しい指摘を受けたことがある。話題にしていたのは玉城朝薫作の組踊「執心鐘入」▼美少年に執着した女性が鬼と化し、最後は僧の法力で退治される物語だ。