沖縄本島の西側の渡名喜島に1月23日夜、米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリコプターが不時着した。急患搬送用ヘリポートに約15時間駐機。集落から300メートルしか離れていなかった。村民らは「あまりにもうるさく、異常を感じた」「集落に落ちないで良かったが、許せない」などと不安を訴えた。