【八重瀬】5日の世界環境デーに合わせて3日、町内の水環境を学ぶ「みずのわ教室」が開かれた。地元の小学1〜6年生18人を含む約50人がわき水や、地下ダム水が流れる計4地点を巡り、水温や透明度、水質などを調べた。 町内のわき水は昔、飲み水や洗濯、馬の水浴びなどに使った。