陸上のアジア・ジュニア選手権最終日は10日、岐阜県の長良川競技場で行われ、男子走り高跳びの友利響平(宮古総実高出−環太平洋大2年)が自己ベストとなる2メートル16で優勝を果たした。