米軍キャンプ・シュワブの提供水域内に侵入したとして刑事特別法違反の疑いで第11管区海上保安本部に逮捕された芥川賞作家の目取真俊さん(55)は2日夜、釈放された。目取真さんは、米軍に長時間拘束された不当性を訴え、国と県の代執行訴訟の和解後も「完全撤退」しない国の姿勢を痛烈に批判。