【山城博明通信員】沖縄県のウチナーンチュ子弟留学生受け入れ事業で2014年4月から15年3月まで、那覇市内の工房で紅型研修を受けた大田愛菜さん(27)が3月11日、ヌエバ・エスペランサ校の上級生の日系人生徒9人に紅型の技法を指導した。

ヌエバ・エスペランサ校の日系人生徒に紅型を指導する大田愛奈さん(右)=オキナワ第2移住地

 生徒たちへの指導前には教師らに理解してもらうための講習も行った。生徒たちには紅型の写真などを見せながら理解を深めてもらった。色を3回上塗りするほか、作品を短時間で仕上げる必要もあり、色を塗った後はドライヤーで乾かすなど工夫した。

 18日にはオキナワ第一日ボ学校の日系人生徒11人にも指導した大田さんは「せっかく習った技術を教えたかった。生徒たちは興味深く真剣に取り組んでくれた」と話した。