沖縄県の翁長雄志知事ら県幹部は11日、米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が同県沖で墜落したことを受け、県庁で対応を協議した。小学校へのヘリコプターの窓落下や、相次ぐ不時着など米軍機によるトラブルが続発する事態を重く見て、近く米側に抗議する方針だ。

 翁長知事は同日、県庁で記者団に、一連のトラブルに関し「一つも解決しないまま、また新たにF15が墜落した」と懸念を表明した。

 米空軍は「安全確保のための手順を見直す間、現地での訓練飛行を一時的に停止する」と発表。「乗組員と地域の方々の安全は最優先事項だ」とも強調した。(共同通信)