高校野球の第63回沖縄県春季大会は糸満が2年ぶり5度目の優勝を果たした。昨秋1回戦敗退から冬場に鍛え込み、出場61チームの頂点へ一気に駆け上がった。そのほか豊見城、沖縄尚学、美来工科の4強は好投手を擁し、準決勝、決勝はいずれも1点を争う好ゲームだった。