浦添市美術館で開催中の「PIECE OF PEACE 『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展PART-3」の入場者が3日、3万人に達した。

レゴで作られたスペインのサグラダファミリアを前に笑顔を見せる片野さん家族=3日、浦添市美術館

 春休み最後の週末とあって多くの家族連れでにぎわう中、3万人目となったのは南城市の片野竜三さん(43)、みどりさん(43)、咲さん(13)、颯吾君(10)、晴太君(6)の家族。

 沖縄タイムス社文化事業局の上原徹局長から記念図録やピンバッジ、ポストカードが贈られた。

 小さい頃からレゴで遊んでいたという咲さんは「小さいピースでここまでリアルなものができるなんてびっくり」とレゴで作られたダイナミックな世界遺産の数々に興奮した様子。

 父親の竜三さんは「大人も子どもも楽しめると思って来た」と家族一緒に作品に見入っていた。

 レゴ展は10日まで。世界27カ国の世界遺産40作品が展示されている。