2018年(平成30年) 6月19日

沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍F15墜落:F22暫定配備の影響も 頼和太郎氏(リムピース編集長)に聞く

 墜落前に事故機から緊急通報がなかったという情報が確かなら、操縦ミスによる失速やエンジンの爆発など、すぐに、そしてはっきりと駄目だと分かるような事態が発生し、緊急で飛び出したのではないか。

頼和太郎氏

 F22の暫定配備で、常駐機F15の訓練頻度が上がり、機体に疲労がたまったとも考えられる。F22はステルス性に優れているほか、高度なレーダーを装備しており、F15の操縦士にとっては、どこから狙われるか分からず、普段の訓練とは違うストレスを感じていたのかもしれない。

 米軍はどこに問題があったのか、日本側に公表しなければならない。このまま飛行を再開するのが現実だろうが、上空を飛ばれればたまったものではない。(談)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間