沖縄県うるま市出身で大相撲新十両の美ノ海(ちゅらのうみ)関=本名木崎信志、木瀬部屋=の昇進を祝い、うるま市役所で11日、懸垂幕の掲揚式があった。島袋俊夫市長は「うるま市で育った子が活躍してくれてうれしい」と笑みを浮かべた。 具志川ドームには移動式の土俵が整備され、うるま市は相撲どころとして知られる。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。