【東京】小野寺五典防衛相は11日、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が本島南の海上に墜落したこと受け、米軍に再発防止と安全管理の徹底、情報提供を求めたことを明らかにした。飛行停止は求めなかった。防衛省で記者団に答えた。 小野寺氏は「飛行の安全をしっかり求めていきたい。