米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が那覇市の南海上に墜落した。操縦士は那覇市の南約90キロの海上で緊急脱出し、空自那覇救難隊に救助された。生命に別条はないという。 もし民間地域に墜落していたら、と考えると、強い恐怖を感じる。 県や嘉手納町などが求めるように、政府は米軍に同型機を飛行停止させるべきだ。