白六段 冨里正一黒六段 児玉博和(6目半コミ出し)ダブルピンチ 右下、両者薄い格好で攻め合いとなりました。白2のツケに対し黒3は少し危機感が足りない気がします。ここは参考図(1)黒1と左辺を補強するべきで、黒9までを目指します。 黒5、7は眼形の足しにと打たれたものです。