2018年(平成30年) 6月23日

沖縄タイムス+プラス プレミアム

「思い出したくないさ」家族9人失った沖縄戦 孫の問いに重い口を開く

◆想いの系図 家族は戦場にいた(2)金城さん一家(中) 5月末、南城市大里の金城良子さん(80)は畑仕事をした後、沖縄戦体験の聞き取りをする孫・かの子さん(20)を自宅に出迎えた。額の汗を拭いながら笑顔でお菓子を勧めていると、かの子さんが録音モードのスマートフォンを目の前に置いた。

沖縄戦から73年。戦場(いくさば)の記憶は遠くなっていくが、今、そしてこれからを生きる私たちの家族をたどれば、どこかで戦争の時代につながっている。沖縄戦と向き合う一家の人々それぞれの「想(うむ)い」を追った。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間