開学30周年を迎える沖縄県立芸術大学の入学式が4日、那覇市首里当蔵町の同大で開かれ、新入生146人が新たな一歩を踏み出した。入学式では先輩たちが「かぎやで風節」などを演奏し、新入生を歓迎した。

新入生を代表して宣誓した宮原大河さん(中央)=4日、那覇市首里当蔵町の県立芸術大学

 新入生を代表して美術学科の宮原大河さんが「芸術文化の明日の担い手として学業に専念し、きょうの喜びと感激を忘れることなく、よりよき学風の樹立に努めることを誓います」と宣誓。比嘉康春学長は「自分のなすべきこと、目標を持って有意義な学生生活を過ごしてほしい」と激励した。

 愛媛県から同大音楽学科音楽文化専攻に進学した松田奈菜枝さん(18)は「日本の楽器について勉強していく。1人暮らしで不安もあるが、みんな親しみやすく頑張れそう」と話した。