国の天然記念物ヤンバルクイナが、自身の体長の2倍近い推定全長58センチのリュウキュウアオヘビを捕食する様子が、沖縄県国頭村の西銘岳の森で記録されていたことが分かった。体長より大きなヘビの捕食を記録したのは初めてとみられる。

リュウキュウアオヘビを地面に打ち付けるヤンバルクイナ(上)=2014年9月26日、国頭村(森林総合研究所九州支所提供)

 国立研究開発法人森林総合研究所、県森林資源研究センター、琉球大学が共同で設置した自動撮影カメラで2014年9月26日午前9時47~51分の間に撮影された。

 ヤンバルクイナがヘビに近づき、くちばしでくわえて地面にたたき付け、飲み込む様子が写っていた。ヤンバルクイナは雑食性で、ミミズやカタツムリを食べることは確認されているが、生態について未解明な部分が多いという。

 同研究所九州支所の小高信彦主任研究員は「ヤンバルクイナの森の中での行動は解明されていないことが多い。たくましく生きていることが分かった」と話した。

 自然保護の調査などを行う任意団体「Yambaru Green」の大城勝吉さんと小高主任研究員が共同でまとめた論文が、3月31日発行の九州森林学会の研究誌「九州森林研究」に掲載された。