沖縄県の翁長雄志知事が12日に開会した県議会6月定例会に出席した。膵(すい)がん摘出手術を受け治療中だが、「知事の責任を全うする」と全日程出席に強い意欲を示している。翁長氏の再選を目指す与党は「知事は意欲満々だ」と歓迎するが、野党や中立会派からは「治療に専念すべきだ」と体調面から欠席を促す声が多い。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。