【沖縄】沖縄市は2016年度から商店街の空き店舗を利用して、情報関連の起業に関する相談窓口の設置や高度なICT(情報通信技術)の人材育成、首都圏からソフト開発などの外注を受ける「ニアショア」の拠点形成などを取り組む新規事業「創業・起業総合支援事業」を始める。