名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が土砂投入予定日を8月17日と明記した通知書を県に提出した。埋め立て承認撤回のタイミングを見極める県に対し、政府は「本丸」に据える秋の知事選をにらみ「丁寧」な対応を演出。両者の攻防は緊張感を増しながら埋め立て本格化の重大局面を迎える。