翁長雄志知事は12日、県庁で記者会見し、県民投票の実施について「県民が改めてその意思を明確に示すことができるため意義があると考えている」と理解を示した。埋め立て承認撤回の判断については、県民投票の時期や結果に左右されることはないとの考えを明らかにした。