米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄本島南沖に墜落した事故から、わずか36時間後に発表された同型機の飛行再開。12日朝から墜落事故に抗議し、安全性確認や原因究明までの飛行停止を求めた県や地元自治体の関係者は、要望を一顧だにしない日米両政府へ憤りや不信感をあらわにした。