一戸建て住宅や集合住宅の一室を宿泊施設として利用する住宅宿泊事業法(民泊新法)の県内の届け出件数が8日時点で130件にとどまっていることが12日、分かった。