【本部】開花するといい香りを漂わせる「ニオイバンマツリ」(ナス科)が伊豆味駐在所から北向け約400メートルの所にある通称「恩納原」で紫色や白色の花を咲かせ、訪れる人らの目を楽しませている=写真。 高山朝文さん(78)が40年前に苗木を植え、さし木などで増やし今では40本に花が咲く。