白六段 冨里正一黒六段 児玉博和(6目半コミ出し)白押し切る 白32は寄り道で、参考図(1)白1黒2を交換し、白5と封鎖すれば黒の生きはなかったでしょう。 黒37の逃げ出しが中央の白一団にも迫っているため白38が省けません。黒39と一眼を確保し、黒も粘りのある形になってきました。