【南大東】農林水産省、県農林水産部、JA沖縄中央会、日本分蜜糖工業会の職員7人が12日、南北大東村を訪れ、干ばつについて調査した。南大東村では、サトウキビのかん水のための水源整備支援の要望が上がった。 同村では、干ばつで葉が枯れたり、平年の3分の1程度しか育っていないサトウキビを視察。