県立南部医療センター・こども医療センターが「成人先天性心疾患」の外来を開設した。県内初。外来の設置は今月1日からで、毎週水曜日の午後に診療を実施している。 先天性心疾患は出生100人に1人が発症するといわれ、沖縄では毎年約170人の患者が生まれていると推計される。