慰霊の日の23日に開かれる沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読する浦添市の港川中学校3年、相良(さがら)倫子さん(14)が12日、同校で会見し、詩「生きる」に込めた思いを語った。相良さんは「平和とは自分たちの命を大切にし、命を精いっぱい輝かせて生きていけること。