県警生活保安課は12日、生後間もない子犬6匹を私有地に生き埋めにしたとして、動物愛護法違反の疑いで飼い主の会社員の男(54)=中城村=を沖縄区検に書類送致したと発表した。 「飼育代がかかるのでやった。申し訳ない」と容疑を認めているという。6匹は約24時間後、付近住民に土の中から救出され無事だった。